私が見て良かったのは中国ドラマのタイトルは「剣王朝~乱世に舞う雪~」です。内容は元武が朝廷で大浮水牢が破られて林煮酒が奪われて白山水ら逆賊らにまんまと逃げられたのです。民はいかに取り沙汰されているのです。厲丞相が大王と言って大浮水牢はもともと極秘の存在なので民はこたびの件をほとんど知らないのです。元武がほとんど知らないは見せかけの太平と厲丞相に言うのです。もうよいと言ってこうなれば人々は必ず揺れるのです。元武は何かよい策はないか大臣たちに聞くのです。子かんは父上に一計ございますと意見を申すのです。民の不満や怒りがあれば除くようにすべきなのです。出兵で矛先をそらすことなのです。子初が兄になりませんと強い口調で反対をするのです。戦乱が続いて民は苦しんでるのです。出兵となれば人心は揺らぐはずなのです。子かんは父上に目下のところ?は強大で諸国をしのぎますが慢心は禁物なのです。もし民と兵が安逸をむさぼれば他国に攻められた時ひとたまもりもないのです。子初が兄の意見に反論して戦は銭を消費して国力を損なうと意見が合わないのです。子かんがさらに弟の意見に反撃して戦で国を強大にできるのです。子初が兄にたかが国境での小競り合いのために戦をする必要があると意見が対立してしまうのです。子かんが父上に先日白供奉の亡骸が発見されたのです。凶器はこの風蕪の剣とわざと証拠を捏造するのです。風蕪は国境を侵したばかりか風鳴で潜入して官史を殺したのです。断じて容赦できなと言って信じ込ませるのです。元武は命を告ぐと言って元子かん征討軍の総帥元子初は先鋒官として風蕪への出兵を準備させるのです。子かんは父上に承知したと言って必ずや風蕪を平らげ役目を果たすと約束をするのです。子初は兄の言葉に仕方なく同意をして承知をしたのです。元武は朝堂で凶器は風蕪の剣と申したが子かんにあれは作り話と見抜いたのです。子かんが父上の役に立ちたいと言い訳をするのです。元武は子かんに今日のそなたの行いはよかったと言われて本人の子かんが感謝すると嬉しいのです。元武は厲丞相に黄真衛はいつ戻ると聞くのです。厲丞相が大王もうじき風鳴に到着すると話すのです。黄真衛は大王のために長年他郷で働いていたのです。監天司の司首の後任としては最適と話すのです。元武は厲丞相に黄真衛が不在の間に孤山剣蔵やら牢破りで?は大いに揺れたのです。いい時に戻ってきたのです。着任前に余に会わせるのです。厲丞相が大王に「はい」と言うのです。町に馬を乗った黄真衛がやってくるのです。絵を見て馬から降りるのです。店の店主から筆は細緻で紙もいいと黄真衛に言って美人の絵を買うのです。梧桐酒舗では客の男性に黄真衛は美人の店主がいる有名な酒鋪と聞くのです。客たちがもう何日も店を閉めてるから心配と話すのです。商いをやめたと嘆くのです。黄色真衛が客に法を犯したと聞いたら別の客がそこまでは分からないのです。だが長孫さんと丁寧ならへまはしないのです。黄真衛が客の男性に姓は長孫と聞くのです。客の男性がああと言って次は名を聞くのです。もう一人の客の男性が浅雪さんと答えるのです。黄真衛が名が美しいと感動して惜しいと言うのです。